もりもりちゃん

​妊娠9か月で便秘になる原因と対処法を解説

2017年08月09日 11時26分


妊娠9か月で便秘に悩む方は多いといわれています。この時期に便秘に悩まされるのはどうしてなのでしょうか。妊娠9カ月で便秘になる原因と対処法を解説します。お困りの方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

9ヶ月目の妊婦が便秘になりやすい原因とは

妊娠9カ月は、様々な便秘の原因が重なる時期といえます。妊娠期間中を通じて、特に便秘になりやすい時期といえるかもしれません。

妊娠9か月の便秘に最も大きな影響を与えていると考えられるのがホルモンバランスの変化です。妊娠すると妊娠を維持するため黄体ホルモンなどの分泌が増えます。妊娠9カ月は、黄体ホルモンの分泌量が特に増える時期です。黄体ホルモンには、子宮の収縮を抑制して妊娠を維持する働きのほか、腸を動かす筋肉を弛緩する働き、身体に水分をため込む働きなどがあります。この働きにより、大腸の蠕動運動が抑制されると便を排泄しにくくなります。腸に滞った便からたくさんの水分が吸収されると便は硬くなります。これらの原因で、妊娠9カ月は便秘になりやすいと考えられているのです。

ホルモンバランスの変化は自律神経にも影響を与えます。腸の働きは自律神経がつかさどっているので、自律神経が乱れると便秘になりやすくなります。また、自律神経はストレスでも乱れてしまいます。出産を間近に控えた妊娠9カ月はストレスが多い時期といえます。自律神経の乱れも便秘の原因になるといえるでしょう。

大きく育った赤ちゃんも便秘の原因になります。お腹の中で腸を圧迫してしまうからです。これにより、腸の働きが悪くなること、便が通りづらくなることでも便秘になります。お腹が大きくなる妊娠9カ月の方が注意したい原因といえます。妊娠9カ月の便秘はどのように改善すればよいのでしょうか。
 

妊娠9ヶ月(後期)の便秘解消方法とは

便秘になると腸内で悪玉菌が繁殖しやすくなります。悪玉菌には便秘を悪化させる働きなどがあります。つまり、便秘になると悪玉菌が繁殖して、悪玉菌が繁殖すると便秘が悪化してしまうのです。この悪循環を断ち切るために腸内環境の改善に取り組みます。

腸内環境は食生活に気をつけることで改善できます。具体的には、食物繊維とオリゴ糖を積極的に摂ることで改善できます。これらには、消化・分解されず腸まで届いて善玉菌の繁殖を助ける働きがあるからです。善玉菌には、腸内を酸性に保ち悪玉菌の繁殖を抑える働きと便秘を改善する働きがあります。妊娠中の便秘は慢性化しやすいので、腸内環境にアプローチすることが重要です。

適度な運動に取り組むことも便秘の改善につながります。妊娠初期は体調不良のため、安定期からはお腹が大きくなるため、運動を控えがちです。あまりに安静にしすぎるとお腹の筋肉が衰えて便を押し出せなくなります。心当たりのある方は、適度な運動に取り組んでみてはいかがでしょうか。ただし、デリケートな時期なので運動内容には注意しましょう。お腹に圧をかける運動や瞬発力を求められる運動などは適していません。マタニティウォーキングなど、この時期に合わせた運動に取り組みましょう。

運動のメリットは、筋肉や腸を刺激できることだけではありません。運動にはストレスを解消する効果も期待できます。ストレスが解消されれば、自律神経を乱す要因を一つ取り除けます。この面からも運動はオススメです。

以上のほかでは、起床後に冷たい水を飲む、決まった時間にトイレに座る、排便前にウォシュレットで肛門を刺激するなども有効な対策になります。
 

腸内環境改善には、乳酸菌よりもオリゴ糖

妊娠9カ月の便秘を改善するうえで重要になるのが腸内環境の改善です。腸内環境はオリゴ糖のほか乳酸菌でも改善できます。どちらも取り入れたい対策ですが、ここではオリゴ糖をオススメします。乳酸菌を効率よく活用するには相性を調べなくてはならないからです。

腸内に生息する細菌の構成は人それぞれ異なります。乳酸菌にも様々な種類があるので、自分の腸内環境と相性の良い乳酸菌は人それぞれ異なります。相性を調べるには、実際に乳酸気を摂って効果を確かめる必要があります。もちろん、相性の良くない乳酸菌を摂ったからと言って無駄になることはありませんが、相性のあまり良くない乳酸菌が効率よく働くとは言い切れません。便秘に悩む方が様々な乳酸気を試すのであれば、オリゴ糖を摂って腸内に生息する善玉菌を活性化したほうが効率的でしょう。

オリゴ糖を摂るときは、オリゴ糖の種類に注意します。オリゴ糖と善玉菌にも相性があるからです。この点に配慮したオリゴ糖サプリメントがカイテキオリゴです。カイテキオリゴは、腸内に生息するほぼすべてのビフィズス菌(善玉菌)を活性化するため複数のオリゴ糖を組み合わせて配合しています(この理論をEOS理論といいます)。だから、オリゴ糖にあまり詳しくない方でも、効率よくビフィズス菌を活性化することが出来るのです。

妊婦さんや赤ちゃんの利用を想定して、安全性に配慮している点も魅力です。カイテキオリゴに使用されているオリゴ糖は、北海道産のてん菜など自然由来の素材から抽出したものです。NPO法人サプリメント評議会が安心・安全評価製品と認めているほどなので、妊婦さんはもちろん赤ちゃんでも安心して利用できます。もちろん、第3社検査機関で放射線物質含有量の検査を受けて基準値をクリアしていることも確認しています。安心・安全な便秘対策を試したい方は、カイテキオリゴを利用すると良いでしょう。
 

まとめ

様々な原因が重なる妊娠9カ月は便秘になりやすい時期といわれています。。どのような原因にせよ便秘になると腸内環境は乱れやすくなります。腸内環境が乱れると便秘は悪化します。お困りの方は腸内環境の改善に取り組みましょう。オススメの対策として挙げられるのがオリゴ糖です。オリゴ糖は消化・分解されることなく腸まで届いて善玉菌のエサになります。複数のオリゴ糖を組み合わせて配合したカイテキオリゴを利用すれば、腸内に生息するほぼすべてのビフィズス菌を活性化できます。効率よく腸内環境を改善できると考えられるので、妊娠9カ月で便秘にお悩みの方は試してみてはいかがでしょうか。