もりもりちゃん

便秘薬や下剤よりも、カイテキオリゴの方が安全?カイテキオリゴが薬よりもおすすめな理由

2017年08月01日 14時44分

痛みの強い便秘や、慢性的な便秘を改善する為に、下剤や便秘薬を使用する人はたくさんいます。

しかし、下剤や便秘薬を使用していると、そのうち効果がなくなる、効かなくなるというのを聞いたことはないでしょうか。

実は、便秘薬や下剤には思わぬ落とし穴が存在しているのです。

今回は、便秘薬や下剤が持つ落とし穴と、カイテキオリゴの効果を紹介していきます。
 

便秘薬、下剤を飲んではいけない理由とは

便秘薬や下剤は、便秘を解消する手段としてはよくある方法です。

しかし、お医者さんの中には便秘薬や下剤はあまり使わない方が良いと考えている方もいます。

これは、便秘薬や下剤が持つデメリットが関係しているのです。

まずは便秘薬や下剤が持つデメリットを紹介していきます。
 

連続で使用していると、腸の働きが弱まってしまう

便秘薬と下剤は、便を出す効果そのものは一緒ですが、それぞれ作用や目的が微妙に違います。

便秘薬は、腸のぜん動運動を促す、便に水分やかさを与えて、排出しやすい状態にする効果があります。

これにより、便がスムーズに排出されるのを助けるのです。

効き目が穏やかな為、作用に時間がかかります。

下剤は、腸内にある残留物を強制的に排出させる薬で、腸に作用する薬の中では一番作用が強い薬です。

効き目が強い為すぐに効果が出ますが、体に対する負担も大きいのが特徴です。

この2種類の薬は、腸の動きであるぜん動運動に作用します。

腸を刺激する事で、腸のぜん動運動を促し、便を排出させるのです。

これだけ見ると、特に悪い点が無いようにも思えます。

実際、ひどい便秘で便が全くでない時には、これ等の薬を使用するのは良い方法です。

しかし、長期的に便秘薬や下剤を飲むようになると、困った事態につながります。

人の体は、刺激や薬の薬効に長時間さらされ続けていると、刺激や薬効に慣れてしまいます。

そうすると、本来の量では薬が効かなくなる上に、最悪の場合、薬がないと腸のぜん動運動が働かなくなってしまう事があるのです。

腸内フローラのバランスが崩れてしまう

下剤や便秘薬は、腸の動きを強制的に動かす事で便の排出を促す薬です。

腸内にある物を強制的に排出するので、便と一緒に善玉菌や善玉菌のエサとなる物質も一緒に排出してしまうのです。

その為、習慣的に便秘薬や下剤を飲んでいると腸内フローラが乱れがちになります。

腸内フローラのバランスが乱れると、腸の働きそのものにも影響が出てしまいますから、結果的に便秘を悪化させることになってしまうのです。

腸内フローラが崩れる弊害とは

次に、腸内フローラが乱れる弊害を詳しく説明していきます。

腸内フローラが乱れた状態になると、悪玉菌の働きが優勢になります。

悪玉菌は腸内で有害なガスや物質を作り出し、腸の働きを弱めてしまいます。

腸内フローラが乱れていると、便秘や下痢といったお腹の症状にかかりやすくなります。

また、腸内で発生した有害物質やガスは、腸から吸収されて前進にも作用するようになります。

生活習慣病にかかりやすくなる、症状が悪化する、ガンのリスクを上げるといった重大な物から、肌荒れや口臭、肩こりや廊下の促進等、身近な症状までの、様々な症状の原因となるのです。

便秘薬や下剤に頼りきりになると、腸内フローラの乱れによる影響を受けやすくなってしまうのです。

便秘薬や下剤は、一時的な便秘を解消するには有効な手段ですが、慢性的な便秘を改善する場合には向いていないのです。

慢性的な便秘の改善や、便秘の予防には、腸内フローラの状態を整えるような食生活を送る事が大切になります。
 

カイテキオリゴはオリゴ糖と食物繊維を一度に摂取できる

では、腸なフローラの状態を整えるには、どの様な食生活を贈ればいいのでしょうか。

腸内フローラの状態を整えるには、善玉菌の働きが不可欠です。

善玉菌を活発にするには、善玉菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維を含んでいる食べ物を食べる必要があります。

しかし、毎日オリゴ糖や食物繊維を摂取し続けるのは少し難しいと感じる人も多いでしょう。

そこで役立つのが、カイテキオリゴです。

カイテキオリゴは、北海道産のてん菜から作られたオリゴ糖や、天然の食物繊維が配合されています。

カイテキオリゴの成分は、腸内にいるたくさんの善玉菌に作用する為、複数のオリゴ糖や食物繊維が配合されています。

その為、他のオリゴ糖製品よりも多くの善玉菌を活性化させることが出来るのです。

これにより、腸内フローラを活性化させ、便秘をはじめとしたお腹の症状を改善する手助けをしてくれます。

腸そのものに作用するのではなく、腸内細菌の力を向上させて作用するので、お腹にかける負担も少なく済みます。

長期的に利用するなら便秘薬や下剤よりも、お腹の負担が少ない、腸の機能を手助けしてくれるカイテキオリゴの方がずっとおすすめです。
 

まとめ

便秘薬や下剤は、長期的な利用を想定して作られている訳ではありません。

長い間使用していると、腸の機能を低下させてしまう原因になってしまいます。

長期的に利用するなら、お腹の機能を向上させてくれるカイテキオリゴを活用しましょう。